今話題の気になる芸能や時事ニュースをチェック♪

こうちゃんの気ままなCafe

事件 時事ニュース

てるみくらぶの倒産で旅行代金の返金の方法は?弁済業務保証金とは?

投稿日:

スポンサーリンク

こんばんは~♪

先日からてるみくらぶのニュースが報道されていますが
まじ、あり得ない話しですよね。

てるみくらぶを使って旅行をしている人は
本当に困っているかと思います。

気になる事はいろいろとあるのですが
一番気になるのが、これから旅行する人が
支払った旅行代金

その辺の行方について、まとめてみました。

スポンサーリンク

てるみくらぶの倒産概要について

格安ツアーのてるみくらぶが発券トラブルになっていると
第一報が報道されたのが、24日でした。

これは、何かやばいかも・・・とニュースを
見ていました。

25,26日は、土日でしたが、てるみくらぶに
トラブルにあった旅行者が連絡しても繋がらない

旅行当日にいきなりそんな事言われても
困っちゃいますよね。

まさに、恐ろしい限りです。

それ以前に出発した海外旅行者はいきなり
ホテルをキャンセルされたりと、泊まる所もなく
お金もなく・・・と途方にくれる人もいたと思います。

24日にてるみくらぶから旅行者にメールがあったようですが
その内容も一方的であり得ない内容になっていました。

そして、週空けの27日に山田千賀子社長から
倒産してしまったとの発表がありました。

その負債額約151億円

とてつもない金額ですよね。

既に破産手続きが開始されましたが
既に入金した人への全額返金は難しい
と言われています。

これから旅行する人で、何十万とも支払った人にとっては
泣き寝入りって感じになってしまいますが、
それは嫌ですよね。 私が同じ立場でしたら嫌です。

全額戻ってこないにしても少しでも多く戻って
これるように、何かないか?調べたり
知り合いの弁護士などに相談するかと思います。

今回は、少しでも返金出来ないのかな?と
いろいろ調べてみました。

ニュースを見ていると”弁済業務保証金”という
言葉も出てきているようですね。
[ad#ad-1]

旅行代金をクレジットで支払ってしまった場合

カードで支払うのって、便利ですよね
財布にお金がなくても後払いが可能ですから。

しかし、こういったトラブルの時は若干面倒です
おまけに、早め早めに行動するのが一番ですね。
使ったカードの締め日など過ぎてしまうと厄介な
手続きなど出てくる可能性がありますから。

まずは、ご自身で使用したカード会社に電話連絡
する事ですね。 多くの被害者が出ているようですから
繋がりにくいかと思いますが、根気よく電話してみるのが
いいでしょう。

そして、支払い停止の申し出をしてみるのがいいと思います。
その後、支払い停止抗弁書を書面にて提出するそうです。

支払い停止抗弁書は、

「 購入された商品(権利)や役務などに次のような問題があるときは、
お客様は、クレジット会社等からの代金請求に対し、
その支払を停止することができます。 」

(日本クレジット協会より引用)

とあり、消費者に与えられた権利でもあります。
この抗弁書の書面は、カード会社から取り寄せる必要が
ありますので、まずはカード会社にご一報を!

書面に記入した後にその書面を、カード会社に送付すると
カード会社はその手続きを行うようです。
間違ってクレジットカード協会とかに送っても手続き
出来ないので、くれぐれもご注意を

まずは、クレジット会社へ連絡ですね。

スポンサーリンク

旅行代金を現金で支払ってしまった場合

てるみくらぶ倒産!と聞いて、旅行代金を支払って
しまった人は、恐らくパニックってしまうと思います。

特に何十万と支払った人はそうだと思います。

ここは、一度深呼吸などして冷静になるのが
一番ですね。

全額返金は困難かも?」と言われてはいますが
少しもで可能性があるのであれば、申請してみるのが
一番だと思います。

その方法が、弁済業務保証金とも言われている
日本旅行協会が提供する弁済制度」です。

日本旅行業協会のホームページでその
弁済業務保証金制度について、次のように
記載されています。

弁済業務保証金制度は、旅行業協会の正会員である旅行会社(保証社員と呼びます)と
旅行業務に関して取り引きをした消費者がその取引によって生じた債権について、
旅行業協会が国に供託した弁済業務保証金から一定の範囲で消費者に弁済する制度です。(日本旅行業協会ホームページより引用)

ようは、一定の範囲内のお金から弁済してくれるようですね。
その金額の範囲は、

第一種旅行業 7000万円
第二種旅行業 1100万円
第三種旅行業  300万円(日本旅行業協会ホームページより引用)

とあります。

てるみくらぶは、第一種旅行業ですから、報道で言われている
7000万円が上限?なのかと思います。

しかしながら、日本旅行業協会のホームページには

今回は、多数のお客様の認証のお申出が予測され、
その総額が弁済限度額(1億2千万円)を超える見通しです。
この場合、お客様への還付額(弁済の額)は、
1億2千万円を認証申出額の割合に応じて比例按分した金額となります。
(日本旅行業協会ホームページより引用)

とあり、限度額は1億2千万円になるのかもしれません。

こちらも申請が必要ですからまずは申請ですね。
その後、書類が届いて、必要な書類を添えて
提出するのかと思います。

なので、念の為現金で支払った事が証明出来るもの
保管しておく必要がありますね。

・店舗で支払ったのであれば、その領収書
・銀行振込で支払ったのであれば、その振込明細書または、通帳に記入したもの

この制度も全額が戻ってくるわけではなく
1億2千万円を支払った人に返済するわけですから
支払った額に対して何等かの割合で配賦されるのでは
ないでしょうか?

詳細などは、日本旅行業協会に相談電話が
設置されているようですから、そちらに
問い合わせしてみるのもいいかもしれませんね。

【問合せ先】
(株)てるみくらぶ「お客様専用ダイヤル」
TEL:03-3499-7555
一般社団法人 日本旅行業協会 弁済業務委員会事務局
TEL:03-3592-1252、03-3592-1253
(日本旅行業協会ホームページより引用)

最後に

今回は、てるみくらぶの旅行代金を返金してもらう
方法などを紹介しました。

当事者の方にとっては、大問題でもありますし
支払ってしまったのであれば、少しでも
多く戻ってきて欲しいと思います

何もしないよりは、まずは申請してみるのが
一番ですね。

早め早めの行動が肝心です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

よく読まれている記事



  • この記事を書いた人

こうちゃん

柴犬をこよなく愛するアラフィフのミーハーおやじです。 新しいものや限定物に弱いです。 楽しい事や面白い事が大好きです。 最近、体系がやばいのでダイエットに 励み中♪

-事件, 時事ニュース

Copyright© こうちゃんの気ままなCafe , 2018 All Rights Reserved.