今話題の気になる芸能や時事ニュースをチェック♪

こうちゃんの気ままなCafe

スポーツ バレー

山内昌大(パナソニック)の出身高校や大学は?バレーの才能が凄い!

投稿日:

スポンサーリンク

グラチャンバレー女子が終わってしまいました。

結局の所、5位でした。
中国との試合は、惜敗でしたが怪我した選手も
戻ってきますので、次回大会に期待しましょう。

次は、男子グラチャンバレーです。
メンバーの中に、将来の全日本を背負っていく
選手が一人います。

その人は、山内昌大選手

プロフィールは?
何が凄いのか?
バレーを続けたきっかけなど

気になった点に注目してみました。

スポンサーリンク

山内昌大選手のプロフィール

山内昌大選手は、2017年全日本の中で
一番身長の高い選手です。

その身長は、204センチ
近くでみると見上げてしまいそうですね。

その彼のプロフィールです。

名前山内昌大
生年月日1993年11月30日
年齢24歳
出身地愛知県
血液型A型
所属パナソニック・パンサーズ

山内選手は、中学までバスケット部に所属して
バスケに明け暮れていました。

名古屋市立工芸高校に入学後、志水監督にバレーを
勧められてバレーに転じたそうです。

彼が所属する高校のバレーの成績はごく普通の成績
春高に選抜されるなんて、遠い世界の話しだったようです。

なので、高校から大学に進学した時はバレーを
辞めようかと考えていました。

出身大学はどこ?

山内選手の出身大学は、愛知学院大学

愛知学院大学は、2015年東海地方での大会で
優勝するなど、実力はあるようです。

大学に進学した時に、山内選手はバレーを
辞めようかと考えていたそうです。

そこで辞めていたら、現在の彼全日本での
姿はないわけですが、何故辞めなかったのでしょうか?

その理由は、当時の大学の監督が
山内選手をスカウトしたからです。

山内選手はそのスカウトを受け入れて
愛知学院大学に入学しバレーの才能が
開花しました。
[ad#ad-1]

スポンサーリンク

バレーの才能が凄い点は?

彼のバレーの才能が開花したのは、
大学に入ってからですが、指導者が
的確に彼の才能を見極めた部分も
あるかと思います。

その当時の指導者は、植田監督
彼が高校の時に、一度工芸高校を
訪問し、彼に目をつけたようです。

植田監督が彼のバレーとしての
才能の凄い所は、

・横移動のスピードが早い

という点です。

監督曰く、”全日本の宝になる選手” とまで
言わせました。

そして、彼の才能が何故開花したかというと、
”山内選手は、人の言う事を素直に聞く”選手

人に言われた事を素直に受け入れ、
実践するという事は、大切な事なんですね。

恐らく山内選手は、自然と行動し
練習したと思います。

また、彼の最高到達点もかなり高いですね
身長が204センチあるので、他の選手より
有利でもありますが、到達点は350センチ

350センチというと、小学生の玉入れの
高さなんですって。

なので、外国の選手のブロックの上から
決めるスパイクは、見てて気持ちいいです。

最後に

今回は、全日本メンバーの山内選手を
紹介してみました。

横移動がどれくらい凄いのか?
そういった点で見るのも楽しいかも
しれないですね。

また、彼の最高到達点も見物です。

最後迄お読み頂きましてありがどうございました。

よく読まれている記事



  • この記事を書いた人

こうちゃん

柴犬をこよなく愛するアラフィフのミーハーおやじです。 新しいものや限定物に弱いです。 楽しい事や面白い事が大好きです。 最近、体系がやばいのでダイエットに 励み中♪

-スポーツ, バレー

Copyright© こうちゃんの気ままなCafe , 2018 All Rights Reserved.