今話題の気になる芸能や時事ニュースをチェック♪

こうちゃんの気ままなCafe

人物 気になる話題

宮坂力(つとむ)が研究開発したペロブスカイトって何?年収や経歴は?

投稿日:

スポンサーリンク

毎度どうもで〜す♪

今回もノーベル賞候補の方のご紹介です。

太陽電池に関係する研究開発をした方が
宮坂力氏

2017年ノーベル化学賞の有力候補の
一人でもあります。

その研究開発をしたのが、ペロブスカイトという
鉱物に関係する研究です。

その鉱物って何?
宮坂氏の経歴は?

と気になる点を調べてみました。

スポンサーリンク

宮坂力氏の経歴は?


(出典:http://www.nikkeibp.co.jp/ より)

宮坂力氏は、桐蔭横浜大学医用工学部の
特任教授を務めています。

特任教授ってのは、大学・研究機関で特定有期雇用の
教員につて、便宜上教授と名を付けたものだそうです(知恵蔵より引用)

あまり聞き慣れない言葉でもありますね。
その宮坂氏の経歴を簡単に見てみました。

名前宮坂力
生年月日1953年生まれ
年齢64歳
出身地神奈川県
最終学歴早稲田大学理工学部応用化学科卒業
東京大学大学院工学系研究科工業化学修士課程修了
東京大学大学院工学系研究科合成化学博士課程修了

宮坂氏は、1981年の大学院卒業後に
富士フィルムに入社し、足柄研究所の
研究員となりました。

その後、2001年より現職である
桐蔭横浜大学の特任教授を
務めています。

2004年には、ペクセル・テクノロジーズ株式会社を
設立し、代表取締役も務めています。

宮坂氏の専門は、光重気化学、ペロブスカイト
太陽電池の開発を行っており、今日に至っています。

宮坂氏が研究開発したペロブスカイトって?

宮坂氏の研究開発したペロブスカイトって
ちょっと言い難い単語であったりしますが、

一体どういう物なのでしょうか?

いろいろ調べてみた所、どうやら結晶構造の
一つであるようです。

ペロブスカイトと同じ結晶構造をペロブスカイト
構想と呼ぶそうです。
ド素人の私にとっては、かなり難しい話しですが
宮坂氏みたいに頭の良い方は、ちょっと考えれば
分かるような世界なのかもしれません。

この宮坂氏の研究によって、ペロブスカイト太陽電池を
開発し、光を電気に変える事に成功したようです。

この電池は、日本発の新型太陽電池と言ってもいいでしょう。
[ad#ad-1]

スポンサーリンク

ペロブスカイト太陽電池のメリットは?

今回注目を浴びているペロブスカイト電池によって、
シリコン系太陽電池に迫る変換効率をあげています。

このペロブスカイト太陽電池のメリットとしては

・シリコン系太陽電池より安く製造出来る
・薄くてシート上のものなので、曲げても壊れない
・塗るだけのタイプの電池もあり簡単に作成でき
 コストも安く抑えられる

と今迄に設置の出来なかった所にも設置が可能になりました。

その逆に、劣化が早いというデメリットもあるようです。
この点については、実用段階においては大きな障害なる
可能性があるので、現在も研究・対策が行われています。

とはいえ、10月のノーベル賞受賞なるか
非常に気にはなりますね。

宮坂氏の年収は?

宮坂氏の年収などはどれくらいなんでしょうか?

現在の仕事としては、桐蔭横浜大学の特任教授
ペクセル・テクノロジーズ(株)の取締役です。

特任教授の給与は、さほど高額ではなく、
推測ですが、250万〜400万円程度

取締役を務めるペクセルの資本金は約2000万円
程度ですが、その取締役の年収が平均で約1000万〜1500万円程度
ではないかと推測します。

となると、トータルで約2000万円前後ではないか?と
個人的に推測してみました。

もし、ノーベル賞を受賞したら、大きな収入が
見込まれるのではないでしょうか?

最後に

今回は、ノーベル化学賞にノミネートされている
宮坂力氏を紹介しました。

画期的な太陽電池を研究開発したとあって
いろいろ注目されています。

仮にノーベル賞を受賞出来なくても
話題になりそうな研究開発と思います。

最後迄お読み頂きましてありがとうございました。

よく読まれている記事



  • この記事を書いた人

こうちゃん

柴犬をこよなく愛するアラフィフのミーハーおやじです。 新しいものや限定物に弱いです。 楽しい事や面白い事が大好きです。 最近、体系がやばいのでダイエットに 励み中♪

-人物, 気になる話題

Copyright© こうちゃんの気ままなCafe , 2018 All Rights Reserved.